Symbiosis  004 流れる響きのなかで 

自然がもたらす大きな力と、人々の生活の行動が交わることで創り出されている流れのようなものがある。訪れるたびに変形していく川の水路や川端へ積み上げられていく土砂の山、真新しい砂防堰堤や濁流が残す多くの爪痕、川底へ埋まる吊り橋の痕跡や終わりの見えない重機音の響き、淡い緑色の静かな湖面や集落に残るかつての賑わい、間接的なメディアの情報によって目の前の美しい景色のなかから今まで聞こえてこなかった音や感情の声が初めて聞こえてきた気がした。人も自然の一部として無意識に流れを創り、その流れのなかにいる。我々は自然を破壊しているのか、それとも我々が破壊されているのか。
写真は自然と人間の一つの繋がりとして表現している。