写真家  京嶋 良太
 1979年2月、山梨県生まれ。現在、神奈川県に在住。
 2001年より1年間滞在したオーストラリアの雄大な景色に感化され、帰国後に写真の道へ進むため上京。その後、数年のアシスタント経験を経て2007年に写真家として独立。2014年、世界中で活躍する様々なアーティストに焦点を当てたアートマガジン「MONTEM」(モンテマ)の制作に携わる。現在は山にある自然と人と動植物の関係性に着目した「Symbiosis」のプロジェクトに力を入れ、写真家としての自分と向き合いながら日々、挑戦している。
 主な活動では2015年に個展「URASHIMA」(新宿・大阪ニコンサロンJuna21)、2017年に個展「静けさの先にあるもの」(銀座・大阪ニコンサロン)を開催。2019年ではEMON AWARD ファイナリストに選出。
写真で何を伝えたいのか、まだはっきりと言える言葉が見つからない。
ただ、例えば海の景色を見たとき、潮風と波の音が自然に聞こえるように、私の写真からもごく自然に音が聞こえ、匂いがし、その時、その前後にある言葉や感情を想像させることのできる写真を目指しています。

​MONTEM(モンテマ)は世界中で活躍するアーティストに焦点を当てたアートマガジンです。

Exhibitions05.jpg

​静けさの先にあるもの

銀座NikonSalon 2017年6月7日~6月20日

大阪NikonSalon 2017年7月20日~7月26日

Work  静けさの先にあるもの」の作品を展示しました。

​URASHIMA

新宿NikonSaron 2015年1月27日~2月2日

​大阪NikonSalon 2015年4月23日~4月29日

​Work  URASHIMA2011の作品を展示ました。